Event 2021

★2022年3月28日 学会発表
第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 (オンライン参加)で宮崎が発表しました。
★2022年3月7日 学会発表
第95回日本薬理学会年会 (オンライン参加)で宮崎が発表しました。
★2022年3月6日 研究発表
第31回神経行動薬理若手研究者の集い (オンライン参加)で正井が発表し,宮崎が座長を務めました。
正井が優秀発表賞を受賞しました。おめでとう!!
「ストレプトゾトシン脳室内投与による孤発性アルツハイマー病モデルマウスの行動学的・組織学的検討」
★2022年1月31日 研究発表
PDオンラインセミナー in 秋田 (オンライン)で浅沼教授が講演しました。
<お知らせ>
2022年1月23日 森昭胤先生を偲ぶ会は新型コロナウイルス感染拡大のため延期となりました。
★2022年1月25日 第47回岡山脳研究セミナーを開催しました。
岡山脳研究セミナーは、医歯薬学総合研究科の脳・神経に関する研究を行っている教室が一堂に会して情報を共有する脳研究コンソーシアムです。今年はコロナ禍のためweb開催となりました。宮崎が研究発表しました。
★2022年1月22日 研究発表
第19回神経科学研究会 (オンライン)で宮崎が発表しました。
★2021年12月25日 研究発表
第36回創薬・薬理フォーラム (オンライン)で正井が発表しました。
★2021年10月〜12月 医学研究インターンシップ (MRI)   
3年生4名が3ヶ月間実験に取り組みました。12月の研究成果発表会も無事に終わりました。
★2021年10月30日 学会発表
第75回日本解剖学会中国・四国支部学術集会 (オンライン参加)で大学院生の正井が発表しました。
★2021年10月27日 学会発表
メタルバイオサイエンス研究会2021 (オンライン参加)で大学院生の正井と宮崎が発表しました。
★2021年8月
論文 (英文原著)がアクセプトされました。

Masai, K., Kuroda, K., Isooka, N., Kikuoka, R., Murakami, S., Kamimai, S., Wang, D., Liu, K., Miyazaki, I., Nishibori, M. and Asanuma, M.: Neuroprotective effects of anti-high mobility group box-1 monoclonal antibody againstmethamphetamine-induced dopaminergic neurotoxicity. Neurotox. Res., in press.

Hosoya, O., Chung, M., Ansai, S., Takeuchi, H. and Miyaji, M.: A modified Tet-ON system minimizing leaky expression for cell-type specific gene induction in medaka fish. Dev. Growth Differ., in press. doi: 10.1111/dgd.12743
論文 (英文総説)がアクセプトされました。

Isooka, N., Miyazaki, I. and Asanuma, M.: Glial cells as possible targets of neuroprotection through neurotrophic and antioxidative molecules in the central and enteric nervous systems in Parkinson's disease. Acta Med. Okayama, in press.

Asanuma, M. and Miyazaki, I.: Glutathione and related molecules in parkinsonism. Int. J. Mol. Sci., 22(16), 8689, 2021. doi: 10.3390/ijms22168689
旧脳代謝研究施設機能生化学部門,神経情報学分野の
初代教授 森 昭胤先生が4月27日にご逝去されました。

てんかん学,神経酸化ストレス学の発展に貢献され,とくにグアニジノ化合物およびフリーラジカル消去物質に関する研究のパイオニアとして数多くの業績を残されました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
叙位叙勲されました
★2021年4月〜5月
神経構造学の講義・実習を新型コロナウイルス感染防止対策をした上で対面で行いました。
★2021年4月1日 新年度スタート
目次